妊活アイテム塾
*

ルイボスティーは不妊解消の効果はある?

妊活をしている時に有効な飲み物としては有名なルイボスティがあります。
不妊や妊娠しにくい体であると診断された場合、その原因といわれるのが加齢、ホルモンの分泌機能不全、また原因が不明であるという場合もあります。

ルイボスティの妊活への働き

実は不妊や妊娠しにくいという場合、活性酸素が関係しているということが研究の結果、わかっています。
赤ちゃんを授かるまでの行程である排卵、着床、妊娠の全てに活性酸素が関わっているのです。
ところが、加齢やストレスなどが原因で活性酸素の量が増えてしまうとバランスが崩れてしまい、妊娠しにくい体へと変化させてしまいます。卵子は質が落ちてしまいますし、受精障害が起きやすくなってしまうのです。
しかし逆にそういう状態になってしまっていても活性酸素の量を減らすことで卵子の質が改善し、妊娠率が向上するという臨床結果が出ています。
そこでルイボスティの出番です。

ルイボスティが活性酸素を除去する

ルイボスティの効果にはこの活性酸素を除去するというものがあります。
ルイボスティにはSOD様酵素という成分が含まれています。どういうものかといいますと、SOD様酵素は体内に入るとすぐに酵素へと変化します。
この酵素が活性酸素を除去してくれるのです。
しかも不妊に対してだけではなく、紫外線にも強いのでシミやしわ、そばかすなども減らして、今後はできにくい体質へと改善されます。
これによって美肌効果まで得ることができます。他にも加齢臭の低下やアレルギー改善、ストレスや二日酔いなどの軽減、代謝改善などの効果も期待することができます。
しかもルイボスにはホルモン分泌の改善には欠かせないといわれるミネラルがたっぷりと含まれています。亜鉛やカリウム、マンガンなどです。
特に亜鉛は女性だけではなく、男性にとっても生殖能力アップのためには欠かせないものです。
卵子には亜鉛がたくさん含まれていますから、亜鉛不足となると不妊へとつながりやすいのです。亜鉛不足は女性の生殖器の機能低下を招き、生理不順になってしまうことがあります。

血行促進で冷性対策に

私自身、ルイボスティを飲むようになってから体がポカポカと温まるようになって冷え性が改善されました。
また活性酸素がかなり多かったのか、疲れやすい体だったのに今では元気に朝から動きまわっています。
いわゆる高齢妊娠・高齢出産という年齢になっているので体質改善目的でルイボスティを飲み始めたのですが、私は良い効果を感じています。

飲み方はティーバッグタイプであればティーポットでそのままお湯を注いで飲むのも良いですし、2リットルほどの水にティーバッグを2、3袋ほど入れて煮出して作っておくというのもオススメです。
ノンカフェインですから夜眠る前でも安心して飲むことができますし、味も癖がないので飲みやすいです。
ホットでもアイスでもおいしく飲めますが、ルイボスの味が気になるという方の場合はホットよりもアイスで飲むほうが飲みやすいです。
紅茶にも似た味なのでミルクや蜂蜜、しょうがなどを入れて飲んでもおいしく飲むことができます。